びゅーんびゆーーんと吹く風がバタンバタンぐわんぐわんと色んな音を出しています。
今日の遠野は風の妖怪が元気に遊んでいるのかな?

おはこんばんち。
いまは頭の中が大好きな妖怪でいっぱいのめぐちです。

ぼんずさあ!いよいよ舞台の本番が
今週末に迫ってまいりました!
【第38回遠野物語ファンタジー
『〜高清水・妖し物語〜ぼんず』】
11月から練習を始め、お仕事して練習して
つけ麺食べてを繰り返しました。
なんと今回は初めてのキャストリーダー!どきどき。

リーダーといっても
みなさんに助けていただきっぱなしで。。
何もできない自分に情けなくなって毎晩毎晩、、
枕を濡らしそうになっています(濡らしてはいない)


練習もいよいよ佳境!きょうからいよいよゲネプロです。
(1月の舞台総見の様子)
tohno_butai002tohno_butai003

※今回のブログのお写真は遠野市役所のサイトから転載させていただいております
広報担当者さま、許可をくださってありがとうございました!
遠野好きさんにはたまらない【広報ブログ「今日あったずもな」】はこちら
広報ブログ内エントリー「ファンタジーの舞台準備が本格化」も併せてご覧くださいませ



tohno_butai004☆・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・☆
舞台は高清水(たかしみず)。
高清水の森に棲んでいる様々な妖怪たち。
米屋の万吉じいさんと友達だといわれる天狗
太郎淵で子どもたちに相撲を教えているイタズラ好きのカッパ
里の女が大好きな猿の経立
家に幸福をもたらす守り神の座敷わらしたち
早く寝ない子がいると吹雪で障子をさする雪女・・・

tohno_butai005彼ら妖怪たちに育てられた少年ぼんずの物語

・・・・・
なぜぼんずは妖怪たちに育てられたのか
ぼんずの家族は?

そもそも家族ってなーに?
☆・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・☆

tohno_butai001わたくしめぐちの役どころはぼんずの実の妹
キヨ(少女時代)です。
キヨ(少女時代)
大事なので繰り返しました。

わたし、妖怪が大好きなんです。
大の妖怪好きなんです。
だから今回の舞台に立てることが
すごく嬉しいです!

だいすきな高橋夫妻の脚本で
だいすきな光志さんの演出です。
だいすきな舞台になること間違いないです。

私のだいすきなものはたくさんの人にも
だいすきになってもらいたい!

関わる全ての人の想いがギュッと詰まった舞台です。
脚本、演出はもちろん、音楽、舞台装置、舞台美術、音響、照明、衣装、メイク・・・
38年間続いてきたこの遠野物語ファンタジーはすべてが市民の手作りなんです。
そして観客のみなさんの拍手や笑い声もまた、この舞台を作り上げる最高のエッセンス!
本番がとってもたのしみです。

たくさんの人に支えられて今年もまたこの舞台に立てることを本当に嬉しく思います。
私を毎晩の練習や土日の本番に送り出してくれるお店のスタッフさんたちにも心から感謝して「元気に笑顔で」本番を迎えたいです。

おひさまが顔を出しても外の風はぶわんぶわわん吹いているきょうの遠野。
きっとどこかのお山の森で猿の経立と河童あたりが雪女を怒らせているのかな?
妖怪が棲む遠野、妖怪と生きる遠野、そんな遠野の物語。

観客席を妖怪の棲む遠野の森にご招待いたしますぜ!

ばいちゃ



チケットやその他のお問い合わせは遠野物語ファンタジー事務所まで
電話:0198-62-4411(内線242)
詳しくはこちら(第38回公演のお知らせ)