ゆきさんからのおみやげシルバニアファンのゆきさんが
「みなさんにおみやげです」と
いつもの素敵な笑顔で
お店に来てくれました。



なんと、ディズニーランドのおみやげを持って!!


ありがとうございました。


ディズニーランドは25周年のクリスマスなんですね。

12月ももうすぐ中盤で街中すっかりクリスマス色です。


(めぐ日記)

初めてディズニーランドに行ったのは4歳のときだっためぐみです。

はっきりとした記憶はありませんが、
当時の話を一緒に行ったおじいちゃん&おばあちゃんに何度も聞いているので
(聞かされているので)覚えているような気もします。


生まれて初めて飛行機に乗ったのもこの時です。
京都に用事があったので大阪まで飛行機で向かって京都へ。
用事を済ませて横浜のおじちゃんの所へ。

みんなでごはんを食べているときに何か気に入らないことがあったらしく
チビめぐはワンワン泣き出し、遠野にいるママにワンワンのまま「もう帰る!」と電話をかけたそうです。



「帰る!」と言ってもすぐ帰れるわけもなく
泣き疲れて眠ってしまったチビめぐちゃん。


次の日、ディズニーランドに連れてってもらって
パレードを見たりミッキーたちと会ったりと昨夜のことなど忘れて楽しんでいたそうです。

チビめぐ「絶対ダンボに乗る」

おばあちゃんに「いっぱい並んでいてすぐ乗れないから今度にしよう」と言われたのに
「絶対」と決めたら絶対!という感じのチビめぐのせいで、
何時間も並ばされたのよ、とディズニーランドが話題に挙がるたびに専務に言われます。

昨日は「帰る!」と泣いてたくせに、ディズニーランドを出るときは「帰りたくない!」と駄々をこねたらしいです。

チビめぐ「飛行機乗りたくない!帰りたくない!」

おじいちゃん「帰りは新幹線だから大丈夫だ!」
(なにが「大丈夫だ!」だったんでしょうか?)




もちろん今日も、泣いて電話をした話からダンボの話までノーカットでした。



実はディズニーランドのペアチケットがあるので、3月までには私も行きます。

楽しみだなあ。




ゆきさん、おかげで専務から思い出話を聞くことができました。

ほんとうにありがどがんした。